vol.6

TALKING ABOUT

JAPAN

道具が命

vol.6

TALKING ABOUT

TOOL

道具が命

幾重もの塗料により、艶やかな革紐のようになったレザー塗装機のローラー。深いバッグの底面も縫える、特注のポストミシン。手にしっくりくるよう、丁寧にテーピングされたハンマー。使い込まれ、磨き抜かれて短くなった革包丁。優れた職人とは、道具選びも妥協せず、ときには自分仕様にカスタマイズし、何よりも大切に使い込むものです。やがて道具は職人の手と一体になり、奇跡のような技を繰り出します。そして職人の命とも言えるようになった道具は、力強い普遍的な美しさを放つのです。そう、〈サムソナイト・ブラックレーベル ‒ デュモンクス〉のレザーバッグも、そんな持ち主にとって不可欠な道具でありたいのです。